今、LGBT問題が世間の注目を集めている。2015年、渋谷区と世田谷区でスタートした同性パートナーシップ制度は、都市部を中心に各地へ広がっている。一方で、今なお偏見に苦しんでいる人も少なくない。

なぜ今LGBT問題を取り扱うべきなのか。当事者の方々は今何を思うのか。同性パートナーシップ制度で社会は今どう変化しているのか。瀧本ゼミ政策分析パートでは、データをもとにLGBT問題の「今」を調査していく。

調査内容

9月9日 <同性パートナーシップ制度導入で自殺率が10.8%減少したことが明らかに>

瀧本ゼミ政策分析パートではLGBT当事者の方々の声をお待ちしております

お問い合わせフォームに意見をお寄せください。

同性パートナーシップ制度を普及させるために

公開ロビイングを行います

東京大学の学園祭、駒場祭で、吉住健一・新宿区長をおよびして上記のエビデンスを用いて公開ロビイングを行い、新宿区でパートナーシップ制度を導入させることを目指します
<日時> 11月22日(金)10時から12時 東京大学駒場キャンパス
参加方法等、詳細な情報は追って本サイト上でお伝えいたします。

 

各自治体に政策提言を行なっております

弊ゼミでは調査したエビデンスをもとに、同性パートナーシップ制度導入団体の拡充を目指しております。従来の、多様性ある社会の創生という観点に加え、新たに制度に具体的効果があり、政治家個々人の主義・主張で判断する次元を超えた合理的な制度だという側面から各自治体首長、議員に導入提案を順次進め、保守層も含めて制度導入に関するコンセンサスを幅広く得ていきます。各会派の見解リサーチ、市民の皆様への署名活動も並行して行なっていきます。ただいま同性パートナーシップ制度導入に賛同いただいている首長、議員は以下の方々です。(順不同)

署名のお願い

弊ゼミでは幅広く政策提言を行なってまいりますが、各自治体の議員の方の協力を得てこの動きをより大きなムーブメントにするためには、皆様の賛同の声が不可欠です。是非とも当プロジェクトへの賛同署名を頂きたく存じております。
みなさまの署名よろしくお願いいたします。