ゼミではこれまで、幅広い分野の問題発見・解決を行ってきました。
特に発表で高評価を得た解決策については、政治家や官僚に対し提案したり、大学の研究室と共同研究を実施したりしてきました。

・AED普及に関する千葉県の条例制定に携わりました

・学術的に検証されていなかった消火器の初期消火効果について論文を執筆し、学会発表を行いました

 

・現在、自治体と協力した世界初となるアトピー性皮膚炎予防のための地域介入実験を計画中

詳しくは2018年第1回新歓説明会で!

 

こちらのページ(旧サイト)では、瀧本ゼミの活動実績についてさらに詳しくまとめています。

以上が一例であり、瀧本ゼミ政策分析パートでは問題の重要性や新規性を活かし、学術の社会への応用に繋げています。